スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日誌27

長々と放置気味で申し訳ないです。一応生存はしています。
製作の方は少し時間が取りにくくてあまり進んではいませんが……


というわけで、今回は恒例の東方ツクール作品のゲーム紹介……というか感想ですね。
……もう製作日誌じゃなくなってる気がしますがそこは気にしない。

で、今回の紹介はDORAさん製作の「東方紅物語」です。
ストーリー重視のRPGで、前作「東方橙物語」の続き物なので、前作をプレイしていると、
より楽しめる感じですね。
ストーリーについてはネタバレ防止のため割愛することにしますが、
東方系には少ない?と思われる王道・少年漫画系のストーリー展開で、そういうのが好きな方には
お勧めできる作品ですね。

では、それぞれの要素について少し触れていくことにします。

●戦闘バランス
前作の橙物語もそうでしたが、個人的にはかなり良いです。
どのボスも結構ギリギリのバランスで作ってある感じですが、雑魚を殲滅していって、
対策さえきちんと取っておけばある程度安定して勝てるようになっています。
技能と装飾品の選択がかなり重要になってきますね。基本はボスに合わせた状態異常耐性を
つけると良い感じですが。
おまけダンジョン一番奥のボスで一度だけ全滅しましたが、この時初めて戦闘メンバーが全滅すると
控えが生きていても全滅になるのを知ったという。ダメージ反転恐ろしいです。

ちなみに、真ラスボスとおまけ含めて全部クリア時のメンバーを。

東方紅物語画像2  東方紅物語画像3

今回は雑魚を殲滅していった経緯から、レベルが割と高くなってしまったので、
店売り以外の特殊な技能書は使用不可という微妙な縛りを入れてみましたが、
あのボス以外はあまり苦戦しませんでした。

キャラの使いやすさでは、パチュリー・小悪魔は鉄板。
レミリアが意外と使えない(基本闇属性的な意味で)。
ほとんどのスキルが雑魚、ボスに通らず、アイテム+壁係になっていたことも……
(使い方が悪かったのかもしれませんが)

主人公+固定なのでもうちょっと強くしてあげても……と思わなくはなかったですね。
ラスボス戦ではアレのおかげで活躍できましたが。

●演出
一枚絵やカットインが多く、見た目にも楽しめる感じになっています。
ただ、以前紹介した魔幻想や夢幻譚などの作品と比べると少し戦闘アニメーションが
物足りないかな、と思ってはしまう所でしょうか。
頻繁に挿入される自作絵は、上手い、というよりは、味がある、という感じですね。
表情が豊かで、割と脳内補完でイメージが出来る良い絵だと思います。
個人的にはレミリアのグングニル時カットインとパチュリーのカットインが気に入ってます。
私はこういう「動きのある絵」を描くのが苦手なので、この辺りは参考にしたい所ですねー。
ちなみに、ラスボス戦最後の演出、あそこは一枚絵欲しかったなーとか。

●プレイの快適さ
ここがちょっとネックですかね……
まず、敵シンボルが早く、キャラに近づく設定の上、通路もそこまで広くないため
かなり避け辛いです。
しかも、画面切り替えや敵戦闘後にプレイヤー側には硬直が入りますが、敵には
入らないので連戦が起こりやすいです。
また、逃走に失敗すると被害甚大なので余程敵とのレベル差が
なければ戦うことがほぼ強制になってしまいます。
逃走に成功しても敵シンボルは消えないため、囲まれると倒さざるを得なくなってしまうのも
ちょっと厳しい所ではあります。ランダムエンカウントでもよかったんじゃないかと。
安全策でいくと敵との戦闘による物資切れはほぼ起こらない作りなので、
もうちょっと敵シンボルの移動は遅くしても良かったような気はするかな、と。

総評としては、ちょっとプレイアビリティに難がある所はあるものの、
全体的には良い作品だと思います。
少年漫画的ストーリーと、そこそこの歯ごたえがあるボス戦を楽しみたい方にはお勧めできる感じですね。



と言うわけで、大分時間が空いたので今回は顔グラを表情差分付きでお送りします。
誰も求めてないとかそんな(ry

霊夢face

霊夢セット。
個人的によく使用しているジグリパフさんの表情差分セットを参考に
させていただきました。
抜けがあるのは気にしない……
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

asfil

Author:asfil
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。