スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八雲の迷宮ver1.0公開

大変長らくお待たせいたしました。
もはや忘れられているかもしれませんが、ようやく八雲の迷宮が完成しました。
難易度はそれなりに高めかと思いますが、システム・バランス面については
自分としては満足のいく作品に仕上がったと思っています。

イベント関連についてはもう少し改良できたんじゃないかと思う所が多々ありますが、
そこは次回作でもう少し頑張ろうかと。

また、今回は「フリーゲーム夢現」様のサイトに登録しましたので
ダウンロードはトップの「公開中の作品」記事内のDLリンクからお願いします。
詳細なゲーム紹介についてもDLページの方で行っております。

ご意見・ご感想・バグ報告などありましたら「公開中の作品」記事か、
最新の記事の拍手・コメント欄にて受け付けておりますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

製作中止の報告を残念に思ってたので、完成版を遊べる日が来て嬉しいです。
早速プレイしてみたところ、不具合を見つけたので報告します。

・ハートの器Lv1で橙の最大TPを1上げて、迷宮に入ってすぐ、その場で即時エンカウントをすると以下のエラーで終了します。

スクリプト ステートスワップ ステートインポーズ の249行目で NoMethodError が発生しました。

>>Yu さん
お久しぶりです。そして早速のプレイとご報告ありがとうございます。
試してみた所、確かに同様の現象が確認できました。

どうやら発生条件はハートの器でTPを上げてから一歩も動かずに即時エンカウントを行い、
TPを上げたキャラに最初に行動が回ってきた時に発生するようです。
一歩でも動くか二番手以降の行動ならエラーは出ないようですが、強制終了バグは流石にまずいので出来る限り何とかしてみます。

No title

体験版では橙一人で戦闘してたので、今回も同様に遊んでいたら、不具合が見つかったので報告します。

7Fのボスを倒した後で拠点へ戻るとイベント戦闘が発生しますが、パーティに空きがあると戦闘後にエラーを起こして終了します。
橙と7Fのボス戦後加入のリリーホワイトの二人で拠点へ戻るとエラーが発生。戦闘メンバー4人の場合は別のスクリプトエラーが起きます。
定員の8人全員揃えて進めばエラーは起きずにイベントが進行しました。

攻略Q&A.txtにゲーム中の説明書についての記述がありますが、それらしいアイテムは見つからないので廃止されたのでしょうか。

>>Yu さん
ご報告ありがとうございます。
VX版と比べると一人旅は相当厳しいバランスにしていたはずなのですが、まさかそこまで行けるとは……

ともあれ、7Fボス後イベントのエラーについては確認できました。
こちらは原因が分かりましたので修正可能と思います。

説明書については途中で加入する仲間についてのものですので、
7F時点ではまだ手に入っていないものと思います。
……が、手に入る説明書の説明自体に迷宮探索中のみ使用可と書いているので
わざわざQ&Aに記載する必要はない気がしました。
紛らわしいのでQ&Aでの記述自体を削除しようかと思います。

それでは、また何かありましたらよろしくお願いします。

No title

VX版に比べるとステータスは上がりにくくなってますが、それでも橙にPを注ぎ込めば一人でも戦えますね。
全滅しやすいのは、階段を降りてすぐのまだ敵の対策を取れない状況と、操作ミスでうっかり橙をスキマに入れてしまった場合です。

FOE以外の敵の戦利品を全て入手してからボスを倒したレベルが
一階Lv6,二階Lv12,三階Lv15,四階Lv20,五階Lv24,六階Lv27だったので
VX版の範囲と比べても、そこまで厳しくは感じませんでした。

ここまでの感想ですが、戦闘後のHP全回復、休憩、ライフブーストなどで回復の手間を省けるのでテンポが良いです。
ドロップアイテムを狙いたいときは、即時エンカウント、連戦ボーナス、難易度変更で、収集に専念できるのも良いですね。
FOEなどボス戦の音楽が格好良くて好みなので盛り上がります。

>>Yu さん
ふむふむ、流石にフルメンバーでの想定レベルよりは若干高めではありますが、
現時点では十分現実的なレベルですね。

ゲーム性については今回かなり拘った所があるので、そこを評価していただけると嬉しいですねー。
ただ終盤になると敵も相当鬼畜になってくるので、無理はしない範囲で頑張ってください。

No title

7Fボス後のイベント戦で、結界の破り方を思いつく場面があったので、やり方次第で勝てるのかとも思い
橙のレベルを40以上、SPを60万近くまで貯めて、攻撃全振りで道満晴明×2からの魔神切りや、攻撃と敏捷を伸ばして攻撃回数を重ねてみましたが無理でした。

12Fは徘徊FOEが居ない分、ボスが強めでした。
無属性で単体高威力のスキルは一人だと対策を立てにくいので、基本ステータスの底上げが必要になりますね。

ドロップアイテムに下位互換や上位互換が少なく、それぞれに使い道があるので、新しい装備を手に入れるのが楽しいです。
6Fで取れた謎の石版は汎用性が高く、未だに出番があります。

13F到達時点までに気になったことなど

・ヴォルトの弱点は土で無く、水では無いのでしょうか。
・クリスタルなどの障害物があった場所へは、消えた後にも、決定キーを押しながらの後退では進入できません。
・敵とのエンカウント前後に、決定キーを押しながら並行移動をすると、未踏破のマップが埋まらない場合があります。
・11F北の四角形のマップの右側に、見た目は壁なのにミニマップでは通路に見える場所があり、進もうとするとぶつからずに押し戻されます。

>>Yu さん
いつもありがとうございます。
7Fボス後のイベント戦では相手に永続の無敵ステート(全ダメージ0)がかかっているので、
攻撃力がカンストしていたとしてもダメージが入らない仕様になっています。
イベント展開に支障が出るので強制負けイベントにしていましたが、
紛らわしいので戦闘画面に移行せずにテキストのみにしても良かったかもしれませんね……

……しかしもう12Fまで行くとは。
12Fのボスは火力が高いため本来状態異常や能力弱体等の搦め手で攻めるのが正攻法なのですが、
一人だとそれができませんからね。
更に13F以降は複数人での突破がほぼ必須と言えるダンジョン構成とボスがあるので
一人旅だと絶対に不可能というわけではないものの、余程稼がないと厳しいかと思われます。

また、ご報告いただいたものに関してですが……
・電気は地に弱いというイメージがありますので、ヴォルトの地弱点は仕様です。
・平行移動による不具合についてはこちらのテストでも確認はしていたのですが、
どうも上手く修正できなかったのと、致命的な不具合ではないためそのままにしています。
余裕があれば修正するかもしれませんが、現時点では難しいかもしれません……
・11Fマップの件についてはマップ設定のミスですね。こちらは修正しておきます。

誤字報告[ver1.0]

初めまして。
楽しくプレイさせてもらっております。
まだ途中までですが、クリアするまで時間がかかりそうなので、判明した時点で溜まった分をカキコしておきます。
それと、すでに報告のなされているものですが、画像があったほうがわかりやすいかと思い、右下のURLで見れるようにしてあります。

《誤字》
・冒頭の橙
「燃料の薪も取ってこないと」
→『採』って=採取

・同上
「藍様!ええと……薪を取ってこようかと」
→『採』って

・同上
「漠然としてて良く分からないけど」
→『よ』く=十分、たびたび、非常になどの意の副詞はひらがな

・洋風屋敷の前で紫
「もっと強くなりたい……といった所かしら」
→ところ=「place」の意で、概して「場所」と言いかえられ、  
      空間的な場所を指すときは「所」と漢字書き。      
      それ以外は「ところ」と平仮名表記。

・ダンジョン内で本を見つけたときの大妖精
「見た所、古い本のようですけど」
→見た『ところ』
 見た所=自分が視覚をもって見た場所、目にした場所、の意味になります
 
・今度は人形を見つけた大妖精
「見た所、それなりに精巧な感じですけど
→見た『ところ』

・悪魔に乗り移られた小悪魔
「見た所、お前達では退屈しのぎにもならぬな」
→見た『ところ』

・同上
「ふむ、懸命な判断だ」
→賢明

・悪魔と会話後のレティ
「戦力は大いに越したことはないわね」
→『多』いに

・椛初登場時
「まだまだ駆け出しもいい所ですよ」
→ところ

・中継地点でナズーリン
「見た所、魔獣が徘徊して~」
→見た『ところ』

・それを受けて橙
「紫様の考えは、私にも良く分からないことが~」
→『よ』く

・初登場時の小傘
「途方に暮れてた所だったし」
→ところ

・その後のナズーリン
「無理に背伸びした所で成長するわけでもないしね」
→ところ

・ボス戦前のミスティア
「リリーが一斉に花を咲かせる所を見たことが~」
→ところ

・同上で椛
「この所地底の妖怪達も地上に出てくる~」
→ところ

・ダンジョン入り口でミスティア
「これ位のほうが歯ごたえがあって~」
→くらい=地位・身分・等級・階級・称号、また十進法での数字の位置や桁は「位」と漢字書き。
     副助詞の「~くらい/ぐらい」はひらがな書き。

・初登場時のメディスン
「人形解放の同士になってくれると~」
→同『志』=同じ志を持つ者

・違和感を妖精たちが覚えた階でナズーリン
「そう言えば違和感を感じているのは妖精だけかな」
→そう言えば違和感を『覚え』ているのは妖精だけかな

 ◯◯感を覚える=感覚

・初対面のボス『冥月』
「ここに住み初めてから数百年程度~」
→住み『始』めて

・冥月と話す橙
「例えどれだけの力をもっていたとしても」
→たとえ(譬え)
 一般的に平仮名表記のほうが多いようです

・冥月戦後に椛
「戦いやすい相手から倒していくか、といった所ですか」
→ところ

No title

八雲の迷宮、橙一人で最下層までクリアできました。
最終レベルは116で最大SPは2300万。
振り分け方は消費SPを基準にして、体2霊2攻2防1魔0抵1敏2の割合で伸ばしてました。
ラスボスに挑む前に、FOEを含めた全てのドロップ装備を集めてたので、少々育てすぎた感じです。

一人だと相性的な問題で大変だったのは13Fの中ボスですね。
三種類の攻撃スキルが必要で装飾品がほぼ固定されるので、死符の即死耐性が無ければ厳しかったかも。
14Fボスも手数の多さに悩まされましたが、鼠符や竜騎士の紋章など、回避の上がる装備が役に立ちました。

次に遊ぶときは、キャラクター引継ぎのニューゲームで、他のキャラを試してみたいですね。
橙以上にソロ戦闘に向いてそうなスキル構成のナズーリンや響子(詠唱短縮したパワーレゾナンスは使い勝手が良さそう)
弱体や状態異常に優れた雛やメディスンなども楽しそうです。


最後に気になったことなどを

14Fの左下にも、マップでは通路に見える壁がありました。

最大霊力が上がっても回復率は装備でしか増えないので、後半になるほど精神集中が使い難くなりました。
霊力500で回復率24だと、全快までに10回の精神集中が必要になります。

ハートの数が早い段階で上限の4つになるので、進行に応じて追加入荷などがあれば良かったかも。
中盤に覚醒の宝珠Lv2で二つ目のスキルを覚えるので、後半にもう一つスキルの追加が欲しいと思いました。
橙は必殺技習得フラグを立て続けただけあって、最後に新しいスキルを覚えましたけど、使えるのがラスボス戦だけなのが惜しいです。

誤字報告の続き

なんやかんやでクリアできました。
残りの分を報告しておきます。

この3Dダンジョン系は「異端のラビュリントス」、「SEAL FOREST」「Ralf-un-Real」などと同じシステムだと思うので、各階ごとに出てくる敵の傾向に合わせて背景に変化があればもっと良かったかなと思いました。
とはいえ、UIも見やすくて状態異常耐性や属性耐性なども装備品のカーソルを合わせるだけで変化するので非常にやりやすかったです。全体的に洗練されている感じがしましたね。
では、このへんでm(_ _)m
----------------------------
・にとり戦前の芳香
「邪魔をするのなら、力づくでも~」
→力『ず』く  現代仮名遣い

・にとり
「例えそうだったとしても……ここまで来ることが」
→たとえ(譬え)

・ラスボス前の橙
「私は私なりのやり方で藍様に追いついて見せる」
→私は私なりのやり方で藍様に追いついて『み』せる

 視覚的に「見る」わけではなく補助動詞なので平仮名表記のほうがよいかと
 
・同上の椛
「八雲の従者と言った所ですか」
→ところ

・狐耳のラスボス
「お前たちが束になってかかってきた所で」
→ところ

・ラスボスの心の声
「流石に、早い……」
→『速』い

・ラスボスが選択を迫るとき
「私が仲間の元へ送ってやろう」
→下(もと)へ

 下=「物の下の部分」「ある人のそば」「その規則や支配力の及ぶところ」 
 元=「事のはじめ」「原料」
 本=「物事の根本・基礎」

・ラスボス戦闘中の橙
「私はあなたに勝って見せます」
→『み』せます

・戦闘終了後に紫
「例え仲間の力を借りてのことだとしても」
→たとえ(譬え)

・ラスボスと戦闘中に出る選択肢
「仲間の元へ行く」
→下(もと)へ

・宴会前に紫
「ご歓談中の所を悪いのだけど」
→ところ

・青っぽい仙人
「当たらずとも、遠からず……って所かしらね」
→ところ

・鍵山雛
「取引、といった所かしら」
→ところ

・仲間よりもラスボスと先に戦うを選んだ時の紫
「別の空間に飛ばれれた時」
→別の空間に飛ば『さ』れた時

・仲間の所へ行くと選択した時の紫
「もし仲間の元に行っていたとして」
→下(もと)に

・エンディング終了後の選択肢
「二週目に引き継ぐことができます」
→二『周』目=周回の周。 週は暦関係のもので7日あるアレのほうです

>>名無しの権兵衛 さん
八雲の迷宮のプレイ及び多くの誤字のご報告ありがとうございます。
色々と拙い所はあったかと思いますが、楽しんでいただけたようで何よりです。

誤字はある程度チェックしていたはずなのですが、単語の使い方のミスが多いですね……
言われなければ気づかなかったであろうものも多く、特に「所」の使い方については使用頻度が高かっただけに勉強になります。

背景は確かにずっと同じなので見栄え的にどうかと思わなくもなかったのですが、
同じ建物内である以上、急に背景が変わるのも……との理由でそのままにしていました。
しかし、ただ下に潜り続けるだけの迷宮ではなく外に繋がる部分があるなど、
他に色々やりようもあったと思うのでここは次回作を作る場合の参考にさせていただきます。

>>Yu さん
まさか本当にクリアされるとは。
やはりと言うべきか、レベルとSPが凄まじいことになっていますね……そこまでやっていただけて作者冥利に尽きるというものです。
ただ、このレベルだと稼ぎは相当大変ではありますが最下層での獲得額を考えるとまだ現実的なラインですね。
また、敵に合わせて色々と装備の試行錯誤をされていたようで、単純にレベルを上げての力押しではないのが素晴らしいです。

一人旅だと、ラスボス戦を考えてもやはり橙が最適ではないかと。
ナズーリンと響子は確かにスキル的にはまだやりやすそうではあります(当然、楽とは言いませんが)
ただ雛・メディスン等の弱体・状態異常の得意なキャラは、それが通用しない敵を攻略するのが大変そうなので
中々難しそうな感じはしますね。効く敵にはかなり有利にはなりそうですが。

また、指摘していただいた点についてですが
・14Fのマップについて確認しました。修正しておきます。

・回復率については想定通りだったりします。特に橙は火力・敏捷が高めな分、
最後まで霊力不足に悩まされるように設定しています。
本来であれば精神集中はそこまで使用頻度は高くなく、基本的に霊力が尽きた場合はスキマに入れて
霊力再生を待つことが多いと思うのですが、一人旅だとそういった戦法が取れませんからね……

・ハートの器はフルメンバーだと全員分揃えるのは結構大変なのと、あまりTPが
増えすぎると初期TP差による差別化が薄くなってしまうのではないかと思ったので4つまでとしています。

・スキルについては、これ以上増やすとバランス調整が難しくなってしまいそうなのでLv2までに抑えました。
とはいえ、確かに宝珠Lv2の入手が最速で6Fなので、後半にもう少し何かしらの強化手段はあっても良かった気はしますね。
一応、10F以降は符装の強化が可能にはなりますが、キャラ特性に応じたパッシブスキルのようなものの習得なら
実装してみても良かったかもしれません。

No title

なんとかクリアまで漕ぎ着けたので気になった部分の報告など。
最終メンバーはレティ・芳香・リグル・ルーミアでした。仕様上無属性攻撃に対する小細工が効かないため
壁役については加入時期の早さを置いても全体防御強化の使えるレティに軍配が上がりますね。
毒付与スキルの使える3キャラがそれぞれ個別に毒をかけられる仕様は面白いと思いましたが
三重にかけても劇的に減るわけではない感じだったのがやや残念なところ。

○誤字等
11F響子イベント  予定してたバンド→ライブ?(響子)
13Fにとり戦後   アルカイド→冥月?(橙)
外道の書説明文   光耐性の文字が緑色
芳香説明書     自然回復ステートについての補足

○不具合・その他
10F北階段から下に12、左に2マスの位置にマップミス
14F三色の玉に関する描写および2以降のカードキーを持っていない時の処理
 ・カードキーを入手していない場合、別のメッセージを出して選択肢を出さないように
 ・(色)の玉には「(数字)」の数字が浮かび上がっている。
  →(色)の玉には「(数字)」と書かれたカードキーが刺さっている。
 ・どのカードキーを使いますか?
  →どのカードキーと入れ換えますか?
 ・可能であれば、1以外のカードキーを使用したとき1のカードキーを入手するようにし
  1に戻すときも他のカードキーと同じく消費するように

No title

こんにちは。難易度は高いけど楽しませて貰っています。
今7Fのボスを倒した所なのですが魔物図鑑のNO56~58までが
遭遇した事もない敵で埋まってしまいました。
全モンスター撃破&アイテム取得しながら進めているのですが
上記のモンスターは何処で戦えるのでしょうか・・・?それともバグでコンプ不可
なのでしょうか

>>**** さん
プレイ及びご報告ありがとうございます。
レティは確かに壁役としては非常に優秀な性能ですね。
他のキャラも十分壁役として機能できる性能を持っているものもいますが、
ほとんどの敵に安定して使えるのは大きいかと思います。

毒は攻撃・魔力をそこまで強化していなくてもある程度の削り効果が見込めるため、
耐久を重視して粘る戦術だと役立つ感じですね。
速攻で倒しに行くという場合はあまり有効ではないかもしれません。

・誤字、マップミスについて確認しました。修正いたします。
・14Fの処理については確かにその方が分かりやすいと思いますので、
その方向で修正してみます。


>>魔物図鑑に関して
図鑑のNo56~58までは7Fボスが召喚を行って出現する敵です。
出現していなくても7Fボス撃破時点で登録はされますが、撃破扱いにはならないため
申し訳ありませんがそのまま進めた場合は図鑑のコンプリートは不可となります。

……どうも7Fボスは耐久が低めなためか未召喚のまま撃破されるケースが割と多いようですね。
図鑑コンプリートによる特典等はありませんし、召喚された敵にはドロップ設定はないので
アイテム面でも問題ないと言えばないのですが、少々テコ入れが必要な気もしますね……

No title

魔物図鑑で思い出しましたが、58番の敵のみ召喚前に戦闘終了してそのまま最後まで進行した場合
最終的な遭遇率が145/144、撃破率が143/144となりますね。
撃破率の方はそれで正しいとして、遭遇率がずれるのはここの特殊処理が問題なのかも。

>>**** さん
ご報告ありがとうございます。
確認してみたところ、こちらのデータでは56~58番の敵を倒していたにもかかわらず遭遇数が一つ増えていました。
どうやら原因は7Fボスではなく7Fボス後のイベント戦での敵(魔物図鑑には記載されない)が
遭遇済みとしてカウントされていたためのようです。

色々と試してみましたが、どうも遭遇済みの敵を未遭遇に戻すのは難しいのと
図鑑に載らない敵でも遭遇済みにカウントされる仕様を変える方法が現状で思いつかないため、
良い修正方法が見つかるまでは仕様とさせていただきます。
プロフィール

asfil

Author:asfil
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。